コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バッカス・ナウア記法 バッカスナウアきほう

1件 の用語解説(バッカス・ナウア記法の意味・用語解説を検索)

IT用語がわかる辞典の解説

バッカスナウアきほう【バッカス・ナウア記法】

コンピューターのプログラミング言語などの文法を定義する際に用いられる言語。1959年にアメリカジョン・バッカスが発案、後にデンマークのピーター・ナウアが修正。◇名称は両者の名前に由来。略して「バッカス記法」ともいう。また、「Backus-Naur form」の頭文字から「BNF」ともいう。さらに、「BN記法」ともいう。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バッカス・ナウア記法の関連キーワードAdaオブジェクト指向プログラミング人工言語ソースプログラム中間言語プログラミングプログラムポケットコンピューターインタープリター言語簡易プログラミング言語

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone