コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バッカス・ナウア記法 バッカスナウアきほう

IT用語がわかる辞典の解説

バッカスナウアきほう【バッカス・ナウア記法】

コンピューターのプログラミング言語などの文法を定義する際に用いられる言語。1959年にアメリカのジョン・バッカスが発案、後にデンマークのピーター・ナウアが修正。◇名称は両者の名前に由来。略して「バッカス記法」ともいう。また、「Backus-Naur form」の頭文字から「BNF」ともいう。さらに、「BN記法」ともいう。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

バッカス・ナウア記法の関連キーワードバッカス(John Backus)

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android