バッサーノデルグラッパ(英語表記)Bassano del Grappa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バッサーノデルグラッパ
Bassano del Grappa

イタリア北東部,ベネト州ビチェンツァ県,ベネチア北西約 60kmの町。金属加工,織物工業などが行われる。 11~12世紀から中世にかけて栄えた町で,16世紀にはダ・ポンテ家のバッサーノと呼ばれた画家たちで有名になり,1650~1850年は印刷出版業で知られた。グラッパと呼ばれるブランデーの一種は有名。第1,2次世界大戦で大きな被害を受けた。人口3万 8659 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

バッサーノ‐デル‐グラッパ(Bassano del Grappa)

イタリア北東部、ベネト州の町。グラッパ山の麓に位置し、ブレンタ川が流れる。ワイン用のブドウの搾りかすから作られるブランデー、グラッパの産地として知られるほか、彩色陶器のグラッパ焼でも有名。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android