コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バッサーノデルグラッパ Bassano del Grappa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バッサーノデルグラッパ
Bassano del Grappa

イタリア北東部,ベネト州ビチェンツァ県,ベネチア北西約 60kmの町。金属加工,織物工業などが行われる。 11~12世紀から中世にかけて栄えた町で,16世紀にはダ・ポンテ家のバッサーノと呼ばれた画家たちで有名になり,1650~1850年は印刷出版業で知られた。グラッパと呼ばれるブランデーの一種は有名。第1,2次世界大戦で大きな被害を受けた。人口3万 8659 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

バッサーノデルグラッパの関連キーワードフォレンゴ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android