バドルルアウ遺跡(読み)バドルルアウイセキ

デジタル大辞泉の解説

バドルルアウ‐いせき〔‐ヰセキ〕【バドルルアウ遺跡】

Badrulchau Stone Monoliths》パラオ中央部、バベルダオブ島北端のアルコロン州にある古代遺跡。頂部にくぼみのある玄武岩の石柱が2列に並んでおり、人の顔をかたどった石が数基置かれている。建造年代やその目的は不明で、建物の土台ともいわれる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android