ババンスキー反射(読み)ババンスキーはんしゃ(英語表記)Babinski's reflex

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ババンスキー反射
ババンスキーはんしゃ
Babinski's reflex

病的反射の一種。ピンなどを用いて足底外側部を足先の方向にこすると,通常,健康者は足指を足底側に屈曲させるが,錐体路に障害がある場合は足の親指が背屈する。これをババンスキー反射という。ただし乳児の場合には,ババンスキー反射がまったく出現しないほうが異常とみなされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のババンスキー反射の言及

【バビンスキー反射】より

…フランス人の医師ババンスキーJ.F.F.Babinski(1857‐1932)がこの反射を発見し,1896年からの一連の論文で報告したため,この名がつけられた。ババンスキー反射ともいう。反射【大野 忠雄】。…

※「ババンスキー反射」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android