コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バビシヤ・プラーナ Bhaviṣya(t)-Purāṇa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バビシヤ・プラーナ
Bhaviṣya(t)-Purāṇa

ヒンドゥー教の重要な聖典である 18の大プラーナの一つ。成立年代未詳。『アーパスタンバ・ダルマ・スートラ』がこのプラーナの文を引用しているということにより,きわめて古いプラーナと考える学者もあるが,実際には,太陽信仰などの要素をも含んだ,比較的新しい文献であるとみなされている。これの付属文献的なものに『バビシヨッタラ・プラーナ』 Bhaviṣyottara-Purāṇaがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

バビシヤ・プラーナの関連キーワードヒンドゥー教

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android