バム鉄道(読み)バムてつどう(英語表記)Baikalo-Amurskaya Magistral'; BAM

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「バム鉄道」の解説

バム鉄道
バムてつどう
Baikalo-Amurskaya Magistral'; BAM

ロシア東部,シベリアと極東部を通る鉄道新線で,第2シベリア鉄道ともいう。東シベリア南部,イルクーツク州タイシェトからレナ川上流部沿岸のウスチクートまでシベリア横断鉄道支線が延びているが,バム鉄道はそこからバイカル湖の北を通りチャラ,トゥインダ,ウルガルを経てアムール川下流のコムソモーリスクナアムーレに達する全長約 3200kmの鉄道をさす。 1974年着工され,84年 10月に全線が開通したが,数多くの山脈,大河川,永久凍土帯などを通るため,建設工事は難航をきわめた。この鉄道の敷設によりシベリアの中部地帯の資源開発が進み,ロシア東部開発の大動脈となることが期待されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android