コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バム鉄道 バムてつどうBaikalo-Amurskaya Magistral'; BAM

1件 の用語解説(バム鉄道の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バム鉄道
バムてつどう
Baikalo-Amurskaya Magistral'; BAM

ロシア東部,シベリアと極東部を通る鉄道新線で,第2シベリア鉄道ともいう。東シベリア南部,イルクーツク州タイシェトからレナ川上流部沿岸のウスチクートまでシベリア横断鉄道の支線が延びているが,バム鉄道はそこからバイカル湖の北を通りチャラ,トゥインダ,ウルガルを経てアムール川下流のコムソモーリスクナアムーレに達する全長約 3200kmの鉄道をさす。 1974年着工され,84年 10月に全線が開通したが,数多くの山脈,大河川,永久凍土帯などを通るため,建設工事は難航をきわめた。この鉄道の敷設によりシベリアの中部地帯の資源開発が進み,ロシア東部開発の大動脈となることが期待されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バム鉄道の関連情報