コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バラ十字団 バラじゅうじだんSociety of Rosicrucians

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バラ十字団
バラじゅうじだん
Society of Rosicrucians

近代の西欧各地につくられた秘密結社。性格はさまざまに異なっているが,団員にのみ授けられる秘密の知恵をもち,バラと十字架を組合せたシンボルは共通している。文献上で初めて言及されるのは『友愛の記録』 Fama fraternitatis (1614) である。この書物は創立者 C.ローゼンクロイツ (1378~1484) がアラビア,エジプトなどに旅して秘密の知恵を得て帰り,ドイツに会をつくり,それがやがて各国に広まるまでを物語っている。彼をパラケルススと同一視する意見もあるが,一般には架空の人物とされる。フリーメーソンと多くの共通点がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

バラ十字団の関連キーワードエリック・アルフレッド・L. サティオカルティズム薔薇十字団サティ

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android