コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バリアブル・プライシング variable pricing

DBM用語辞典の解説

バリアブル・プライシング【variable pricing】

違う顧客に、違うタイミングに、違う価格を提供するマーケティング戦略。この価格戦略は街頭の行商人骨董品ディーラーなどでよく行われる。あらかじめ印刷されたプロモーション型式を頼りとするダイレクト・マーケターにとっては実際的ではない。このバリアブル・プライシングは、他の顧客が自分よりも安い価格で購入したことを知ると、その顧客が、これまで持っていた好意を捨ててしまうというリスクがある。

出典|(株)ジェリコ・コンサルティングDBM用語辞典について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android