コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

価格戦略 pricing strategy

4件 の用語解説(価格戦略の意味・用語解説を検索)

ブランド用語集の解説

価格戦略

価格戦略とはマーケティングの4Pの主要要素である価格(Price)に関する戦略のことをいう。

出典|(株)日本ブランド戦略研究所
(C) 2010 Japan Brand Strategy, Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵2015の解説

価格戦略

マーケティング・ミックスの4つの要素のうちの1つが価格であり、その戦略としては、価格の設定と維持・変更の2つの側面がある。まず新製品については、(1)高価格でも購入する消費者にターゲットを定める上澄み吸収価格設定、(2)市場シェアを一気に高めるために低価格を付ける市場浸透価格設定、が考えられる。またその他の一般的な製品の場合は、原価、需要、消費者心理、競争、製品ラインアップなどを考慮して価格が設定される。他方、価格の維持・変更も重要な価格戦略の側面。企業は一度設定した価格はなるべく維持したいと考えるが、製品のコモディティ化(日用品化)、需要の落ち込み、競争の激化等の理由で値下げを余儀なくされることもある。また反対に、コストの上昇などにより値上げざるを得ない場合もある。しかしいずれの場合にも、競合他社や消費者の反応を見極め、他のマーケティング・ミックス要素との関連を考えて価格変更を行う必要がある。

(高橋郁夫 慶應義塾大学教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

かかくせんりゃく【価格戦略 price strategy】

企業がそのマーケティング目標を達成するために,諸環境要因の変化に対応しながら,長期的視野に立って行う商品ないしはサービスの価格に関する計画とその遂行をいう。生鮮食品のような差別化されない商品に関して多数の売手と多数の買手が存在する市場においては,価格は,需給関係によって与えられるものであり,個々の企業がコントロールしうる対象ではない。しかし現在では,ほとんどの製造品にみられるごとく,差別化された商標品branded goodsの場合は,企業は,市場動向や諸費用,競争相手の動きなど,種々の要因を考慮しつつ,それぞれ独自の戦略的な価格政策を実施するのが通例であり,製品戦略販売促進戦略,販売チャネル戦略などとともに,企業のマーケティング戦略の主要な柱の一つとなっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

価格戦略
かかくせんりゃく
pricing strategy

競争戦略ならびにマーケティング戦略の重要な構成要素の一つ。競争優位を獲得するために,製品やサービスの価格決定の指針となる戦略。競争相手よりも低価格を設定する戦略,および品質やブランドを訴求するため競争相手よりも高価格を設定する戦略などがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

価格戦略の関連キーワードネットマーケティングマーケティング・ベースの比較法マーケティング・コミュニケーション・ミックスコンテクスト・マーケティングマーケティング・ミックスグローバルマーケティングアカデミックマーケティングマーケティングツールマーケティングミックスマーケティング・マッピング・スタディ

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

価格戦略の関連情報