コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バリオチン バリオチンvariotin

1件 の用語解説(バリオチンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バリオチン
バリオチン
variotin

日本で発見された抗真菌性抗生物質。糸状菌の一種 Paecilomyces varioti var. antibioticusの培養液から分離される。無色ないし微黄色の芳香のある油状物。外用薬で,特徴は刺激がないこと。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のバリオチンの言及

【抗生物質】より

…これらは白癬菌,カンジダなどに作用するが,経口で吸収されず,注射では毒性が強い。その後,アザロマイシンF(1960),バリオチン(竹内節男,米原弘ら発見,1959),ピロルニトリン(有馬啓ら発見,1965)が得られているが,白癬菌に対する外用に限られる。(1)グリセオフルビン ペニシリン再発見前にイギリスでカビから分離された。…

※「バリオチン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone