バリャドリド(英語表記)Valladolid

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バリャドリド
Valladolid

スペイン北部,カスティリア・レオン州西部,バリャドリド県の県都。 11世紀末,アンスレス伯領となって以降急速に発展。その後 13世紀初めにカスティリア王国領に併合され,一時はその王宮がおかれた。 1469年カスティリアのイサベルアラゴンフェルナンドとの結婚がこの地で行われた。 C.コロンブスが死去した地で,コロンブス記念館がある。農産物の集散が盛んで,カスティリア地方の商工業の中心をなす。工業は繊維,食品,機械など。 12世紀のサンタマリア教会,16世紀の大聖堂,1346年創立のスペイン最古の一つに数えられる大学がある。人口 32万 8365 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android