コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バリャーグ人 バリャーグじんVaryagi; Væringingjar; Varangians

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バリャーグ人
バリャーグじん
Varyagi; Væringingjar; Varangians

今日の歴史学でロシア方面へ進んだスウェーデン系バイキングをさす。元来ビザンチン帝国の皇帝親衛隊の名称。 11世紀には主として北ヨーロッパ人から構成され,そのためロシアの古い年代記はスウェーデン人,アングル人,ノルマン人をバリヤギと呼んでいた。彼らはノブゴロドからドニエプル川を通ってキエフ,コンスタンチノープルさらにアテネにいたる「バリャーグからギリシアへの道」を利用し,またボルガ川によってブルガール (ブルガリア) 方面に通商活動を行なった。彼らは隊商であると同時に軍隊でもあって,しばしば東スラブ人の村や町を略奪した。傭兵団としてその活動はロシア年代記に繰返しみえ,リューリク朝の祖リューリクは,バリャーグ人の族長であるとされている。ロシア国家は彼らの建設になるとする学説 (ノルマン説) をめぐって論争があるが,少くとも彼らが国家成立期のロシアで有力な武装力であったことは確かであろう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

バリャーグ人の関連キーワードウラジーミル1世(聖公)スウェーデン史エストニア史イーゴリ公オレーク

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android