バルクセール(読み)ばるくせーる

不動産用語辞典「バルクセール」の解説

バルクセール

不良債権等の処理にあたり、案件毎に債権回収を行うのではなく、担保不動産等を一括して売却する手法の事。個別処理に比べ、早期に現金化出来るというメリットがあります。バルクセールにおける値付けにはDCF法(ディスカウントキャッシュフロー)等の手法を用います。

出典 不動産売買サイト【住友不動産販売】不動産用語辞典について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android