バルサス川(読み)バルサスがわ(英語表記)Río Balsas

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バルサス川
バルサスがわ
Río Balsas

メキシコ中南部を流れる川。同国の主要河川の一つで,全長約 770km。東マドレ山脈南部西麓,トラスカラ州の高原に源を発し,南流してプエブラ州に入り,同州を南東流,南西流したのち,ゲレロ州に入って西に流れを変え,南マドレ山脈に沿ってその北を流れ,下流部でゲレロ,ミチョアカン両州の州境をなしながら南に転じ,モングロベ岬で太平洋に注ぐ。流路には急流部が多く,航行には適さないが,水力発電や灌漑用には広範囲に利用され,流域ではトウモロコシ,コーヒー,ワタ,サトウキビ,果樹,野菜などの栽培が盛ん。プエブラ州ではアトヤク Atoyac川,ゲレロ州ではメスカラ Mezcala(Mexcala)川とも呼ばれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android