コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バルゼア várzea[ポルトガル]

世界大百科事典 第2版の解説

バルゼア【várzea[ポルトガル]】

一般に川沿いの低平な土地あるいは増水期には水に浸るはんらん原のこと。川が運んでくる浮遊物質が堆積し,土壌が更新されるのでよく農業に利用される。ブラジルアマゾン川流域のものが世界的に有名で,その面積は6万4400km2もあると推定され,これはベルギーの国土面積のほぼ2倍に相当する。雨量は多いが,乾季と雨季で水位の変化が大きいアマゾン川,流域の大半が半乾燥地帯で占められ,乾季と雨季が明瞭なブラジル北東地域を流れるサン・フランシスコ川やパルナイバ川の流域では,バルゼアを利用した農業が行われている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のバルゼアの言及

【アマゾニア】より

… アマゾニアの典型的な植生は森林である。そして,この森林は熱帯常緑降雨林,熱帯半常緑降雨林に分かれ,さらに川沿いの土地では,常に水に浸っているイガポー林,増水期にのみ水をかぶるバルゼア(氾濫原)のバルゼア林などの降雨林があり,アマゾニアの植生も一様ではない。そのうえ,草地が森林内に点在したりしている。…

※「バルゼア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone