コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バルチスターン独立運動 バルチスターンどくりつうんどうBaluchistan Independence Movement

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バルチスターン独立運動
バルチスターンどくりつうんどう
Baluchistan Independence Movement

パキスタン南西部のバルチスターン州に潜行する独立運動で,パンジャービー主導型のパキスタン政治に反発して進められてきた。バルチスターンの主要民族バローチー族はその大部分がパキスタン内に,残りがアフガニスタンとイランにいるとされる。 1960年代に「自由バルチスターン運動」の名で反乱を起したが,本格化したのは 70年代,特にバングラデシュが分離独立したあとである。パターン (パシュトゥーン) 人のパクトニスタン運動と協力して,73,74年にはかなり勢力を伸ばしたが,同年秋パキスタンの Z.A.ブットー政府が数万の兵を動員した鎮圧作戦を行い,勢力は衰えた。この運動を支持するアフガニスタンとパキスタンの関係が好転し,またイランがバルチスターンの開発援助に力を入れていることも,反乱派には不利であった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android