コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バルトネラ症(カリオン病) ばるとねらしょうかりおんびょうBartonellosis

家庭医学館の解説

ばるとねらしょうかりおんびょう【バルトネラ症(カリオン病) Bartonellosis】

[どんな病気か]
 細菌とリケッチアの中間に位置する、バルトネラという微生物の感染でおこる病気です。
 砂バエの一種に刺されたり、かまれたりして感染します。
 南米のペルー、エクアドルコロンビアだけに存在する病気です。
[症状]
 病型が、2つあります。1つは、発熱と貧血(ひんけつ)が主症状で、マラリア腸チフスのような経過をとり、死亡率の高い病型で、オロヤ熱といいます。
 もう1つは、粟粒大(あわつぶだい)からえんどう豆大の丘疹(きゅうしん)(結節(けっせつ))ができる病型で、ペルーいぼ病といい、軽症です。
 ペルーいぼ病は、オロヤ熱にひきつづいておこることもありますし、単独でおこることもあります。
[治療]
 テトラサイクリンなどの抗生物質やアンチモン製剤が有効です。

出典 小学館家庭医学館について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android