コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バルトネラ症(カリオン病) ばるとねらしょうかりおんびょうBartonellosis

1件 の用語解説(バルトネラ症(カリオン病)の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

ばるとねらしょうかりおんびょう【バルトネラ症(カリオン病) Bartonellosis】

[どんな病気か]
 細菌とリケッチアの中間に位置する、バルトネラという微生物の感染でおこる病気です。
 砂バエの一種に刺されたり、かまれたりして感染します。
 南米のペルーエクアドルコロンビアだけに存在する病気です。
[症状]
 病型が、2つあります。1つは、発熱と貧血(ひんけつ)が主症状で、マラリア腸チフスのような経過をとり、死亡率の高い病型で、オロヤ熱といいます。
 もう1つは、粟粒大(あわつぶだい)からえんどう豆大の丘疹(きゅうしん)(結節(けっせつ))ができる病型で、ペルーいぼ病といい、軽症です。
 ペルーいぼ病は、オロヤ熱にひきつづいておこることもありますし、単独でおこることもあります。
[治療]
 テトラサイクリンなどの抗生物質アンチモン製剤が有効です。

出典|小学館
家庭医学館について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone