コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バルナ国際バレエコンクール ばるなこくさいばれえこんくーる

知恵蔵miniの解説

バルナ国際バレエコンクール

ブルガリアの観光都市バルナで開催されるバレエコンクール。1964年に創設され、ほぼ隔年で7月に開催されている。国際的なバレエコンクールの中で最も長い歴史と権威を誇り、若手の登竜門としての知名度も高い。シニア部門(20〜25歳)とジュニア部門(15〜19歳)の2部門で選考され、それぞれ金・銀・銅の上位3賞と、最高賞のグランプリが授与される。これまでに数多くのスターを輩出しており、日本人では74年に森下洋子、88年に小嶋直也が金賞を受賞している。2012年にはシニア女性部門で涌田美紀(米サンノゼ・バレエ団)、シニア男性部門で宮川新大(坪田バレエカンパニー)がそれぞれ銀賞を受賞した。

(2012-08-1)

出典|朝日新聞出版知恵蔵miniについて | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

バルナ国際バレエコンクール

モスクワや米ジャクソンのコンクールに先駆け、1964年に始まった。2年に1度開かれ、ジュニア(15~19歳)とシニア(20~25歳)の2部門がある。過去にバリシニコフ、森下洋子、ギエム、マラーホフらが入賞した。今回の審査員長は、第1回グランプリでボリショイの大看板になったウラジミル・ワシリエフ。近年躍進が続く韓国勢が上位に名を連ねた。日本からは20人が出場し、中野吉章さんと松尾芽生(めい)さんが最終審査に残った。

(2014-08-18 朝日新聞 朝刊 ニュースの扉)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

バルナ国際バレエコンクールの関連キーワードデュポン(Patrick Dupond)ジャクソン国際バレエ・コンクールモスクワ国際バレエ・コンクールバルナ国際バレエ・コンクールラブロフスキーマクシーモワブルガリア法村牧緒デュポンマカロワ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バルナ国際バレエコンクールの関連情報