コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バルナ国際バレエコンクール ばるなこくさいばれえこんくーる

2件 の用語解説(バルナ国際バレエコンクールの意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

バルナ国際バレエコンクール

ブルガリアの観光都市バルナで開催されるバレエコンクール。1964年に創設され、ほぼ隔年で7月に開催されている。国際的なバレエコンクールの中で最も長い歴史と権威を誇り、若手の登竜門としての知名度も高い。シニア部門(20〜25歳)とジュニア部門(15〜19歳)の2部門で選考され、それぞれ金・銀・銅の上位3賞と、最高賞のグランプリが授与される。これまでに数多くのスターを輩出しており、日本人では74年に森下洋子、88年に小嶋直也が金賞を受賞している。2012年にはシニア女性部門で涌田美紀(米サンノゼ・バレエ団)、シニア男性部門で宮川新大(坪田バレエカンパニー)がそれぞれ銀賞を受賞した。

(2012-08-1)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

バルナ国際バレエコンクール

モスクワや米ジャクソンのコンクールに先駆け、1964年に始まった。2年に1度開かれ、ジュニア(15~19歳)とシニア(20~25歳)の2部門がある。過去にバリシニコフ、森下洋子、ギエム、マラーホフらが入賞した。今回の審査員長は、第1回グランプリでボリショイの大看板になったウラジミル・ワシリエフ。近年躍進が続く韓国勢が上位に名を連ねた。日本からは20人が出場し、中野吉章さんと松尾芽生(めい)さんが最終審査に残った。

(2014-08-18 朝日新聞 朝刊 ニュースの扉)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バルナ国際バレエコンクールの関連キーワードアルベーナ観光都市サンレモ音楽祭ブルガスブルガリア正教会エフクシヌグラート宮殿Οδησσόςバルナ大聖堂カイザーバルウィンターフェスティバルオブライツ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バルナ国際バレエコンクールの関連情報