コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森下洋子 もりしたようこ

4件 の用語解説(森下洋子の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

森下洋子
もりしたようこ

[生]1948.12.7. 広島
舞踊家。3歳でバレエを始め,橘秋子牧阿佐美,イゴール・シュベッツォフらに師事。 1971年松山樹子夫妻が創設した松山バレエ団に入団,以来同団のプリマバレリーナを務める。 1974年バルナ国際バレエ・コンクール清水哲太郎 (のちに結婚) と出場,第1位金賞を受賞。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

森下洋子【もりしたようこ】

日本を代表する世界的舞踊家。広島市出身。3歳でバレエを始め1955年から東京の橘(たちばな)バレエ学校に通う。1960年に初舞台を踏み,1969年ニューヨークロシア出身の舞踊家I.シュベッツォフ〔1904-1982〕に師事。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

森下洋子 もりした-ようこ

1948- 昭和後期-平成時代の舞踊家。
昭和23年12月7日生まれ。清水哲太郎の妻。橘秋子に師事。牧阿佐美バレエ団をへて昭和44年アメリカに留学。46年松山バレエ団にはいり,プリマをつとめる。49年バルナ国際バレエコンクールで金賞受賞後は世界的プリマとして活躍。60年芸術院賞。平成9年文化功労者。13年松山バレエ団団長に就任。14年芸術院会員。24年高松宮殿下記念世界文化賞。広島県出身。吉祥女子高卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

森下洋子
もりしたようこ
(1948― )

バレリーナ。広島市に生まれる。幼時から洲和(すわ)みち子(1914―96)、橘(たちばな)秋子にバレエを学び、牧阿佐美(あさみ)バレエ団に入って、大原永子(のりこ)(1943― )とともにバレエ少女として人気を博した。1971年(昭和46)松山バレエ団に移籍。74年にバルナ国際バレエ・コンクールで清水哲太郎(1948― )と組み、金賞を獲得し世界の注目を浴びた。その後、アメリカン・バレエ・シアター、フェスティバル・バレエ団(現イングリッシュ・ナショナル・バレエ団)、モーリス・ベジャール・バレエ団のゲストダンサーとして活躍。ブフォネスFernando Bujones(1955― )やR・ヌレーエフと踊った『黒鳥』『ドン・キホーテ』のパ・ド・ドゥは有名である。97年(平成9)文化功労者。2001年に松山バレエ団団長に就任。清水哲太郎は夫であり松山バレエ団総代表でもある。[市川 雅・國吉和子]
『『バレリーナの情熱』(1984・大和書房) ▽飯島篤撮影、テス・カルチャーセンター編・刊『森下洋子バレエ全集』1~6(1981~82) ▽文園社編・刊『バレリーナへの道38 世界のプリマ 森下洋子』(2001) ▽ダンスマガジン編『日本バレエ史――スターが語る私の歩んだ道』(2001・新書館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

森下洋子の関連キーワード厚木凡人池田瑞臣石田種生市川雅木佐貫邦子小松原庸子佐藤太圭子清水哲太郎藤井公宮城能鳳

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

森下洋子の関連情報