コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バルボー Marius Barbeau

世界大百科事典 第2版の解説

バルボー【Marius Barbeau】

1883‐1969
カナダの民俗学者。オックスフォードソルボンヌで学んだ後,オタワの国立博物館に職を奉じ,カナダ民俗学の育成と発展に大きく寄与した。カナダ各地のフォークロアの収集を精力的に進め,《フランス系カナダの民謡》(1925)やインディアン伝承の研究《ヒューロン族とワイアンドット族の神話学》(1915)など不朽の業績を数多く残した。インディアンに取材した《テムラハンの没落》(1928)と《山の雲》(1944)の2編の優れた小説がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

バルボーの関連キーワードリスペクトール11月5日

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バルボーの関連情報