コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バレー-オブ-ファイヤー州立公園 バレーオブファイヤーしゅうりつこうえん

1件 の用語解説(バレー-オブ-ファイヤー州立公園の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

バレーオブファイヤーしゅうりつこうえん【バレー-オブ-ファイヤー州立公園】

アメリカのネバダ州ラスベガスにある、最も古い州立公園。ラスベガス北東約60kmのオバートン近郊にあり、地殻変動や浸食、風化など長い時間をかけて形成された赤茶色の地層は、1500万年前のものといわれる。この地質学的特異性により、エリア一帯は地球らしくない神秘的な雰囲気が漂い、『スタートレック』シリーズなど多くのハリウッド映画のロケ地となった。◇「バレーオブファイヤー(火の谷)」という名称は、真っ赤な絶壁が朝日に照らし出されて炎のように見えることに由来する。4000年前には、現在のネイティブアメリカンの祖先であるアナサジ・インディアンが生活しており、現在も多くの壁画が見られる

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バレー-オブ-ファイヤー州立公園の関連キーワードアメリカの声ラスベガスアメリカ杉アメリカンネバダアメリカの空ラスベガスマラソンネバダ[州]タホー[湖]ラス・ベガス

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone