コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バロック様式聖堂群[フィリピン] バロックようしきせいどうぐん[フィリピン]Baroque Churches of the Philippines

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バロック様式聖堂群[フィリピン]
バロックようしきせいどうぐん[フィリピン]
Baroque Churches of the Philippines

フィリピンがスペインの支配下にあった 16~18世紀につくられたバロック様式の聖堂群。ルソン島マニラのラ・インマクラーダ・コンセプシオン・デ・サン・アグスティン聖堂 (聖アウグスチヌス聖堂) ,同島北部イロコスノルテ州パオアイのサン・アグスティン聖堂,同島北部イロコススル州サンタマリアのヌエストラ・セニョーラ・デ・ラ・アスンシオン聖堂,パナイ島ミアガオのサント・トマス・デ・ビリャヌエバ聖堂の4聖堂が 1993年世界遺産の文化遺産に登録されている。最も古いものは 1571年に基礎工事が始められたマニラのサン・アグスティン聖堂で,完成までに 20年以上を要した。いずれの聖堂もスペインの聖堂建築の様式を土台にしつつ,地震やモンスーンの脅威に加え,交易権をめぐってしのぎを削っていたポルトガル,オランダ,イギリスなどの攻撃にも耐えられるよう石造による頑強な要塞風の造りになっている。マニラのサン・アグスティン聖堂以外は損傷が激しく,修復も進んでいない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android