コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バンダレアッバース Bandar-e Abbās

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バンダレアッバース
Bandar-e Abbās

イラン南部,ホルムズガーン州の州都。ホルムズ海峡北岸にのぞむ港湾都市。バンダルは港の意。住民はおもにアラブ系と黒人系。以前の主要な貿易業者の末裔。 1623年アッバース1世が建設し,17世紀にはペルシアの主要港として人口4万人を数えた。サファビー朝の衰退とともに衰微し,18世紀にブーシェル港にその地位を譲った。 20世紀に約 20km西に新港が建設され,現在は機械類を輸入し,絨毯,石油を輸出する。人口 24万 9504 (1991) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android