バークラー・ダム(英語表記)Bhakra Dam

世界大百科事典 第2版の解説

バークラー・ダム【Bhakra Dam】

インド北西部,パンジャーブとヒマーチャル・プラデーシュ両州州境部のシワリク丘陵にサトレジ川をせき止めてつくられた多目的ダム。1948年に独立インド最初の総合開発として着工し,63年に完成した。ダムは高さ226m,幅518mで,背後に貯水量78億m3のゴービンド湖を抱く。ナンガルなどにおける副次ダム,発電所,化学肥料・重水工場などと一体をなしており,バークラー・ナンガル計画と呼ばれる。この計画では,洪水防止のほか,水力発電(出力120万kW),灌漑(用水路総延長4500km,受益耕地面積237万ha)を目ざす。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android