コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バーゼル・コンコーダット バーゼル・コンコーダットBasel Concordat

1件 の用語解説(バーゼル・コンコーダットの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バーゼル・コンコーダット
バーゼル・コンコーダット
Basel Concordat

1975年末に国際決済銀行 BIS中央銀行総裁会議で採択された「銀行監督に関するガイドライン」のことをいう。これは 74年西ドイツのヘルシュダット銀行倒産に伴う国際信用不安の発生をふまえ,銀行の海外拠点の監督をその所在する国と母国の当局との共同責任としたうえで,責任の分担を明確にしたもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

バーゼル・コンコーダットの関連キーワード国際決済銀行BIS規制BIS国際決済銀行リスクウエート黒人問題自己資本比率規制BIS規制バーゼルIIブラックベリー

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone