コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バーゼル・コンコーダット Basel Concordat

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バーゼル・コンコーダット
Basel Concordat

1975年末に国際決済銀行 BISの中央銀行総裁会議で採択された「銀行監督に関するガイドライン」のことをいう。これは 74年西ドイツのヘルシュダット銀行倒産に伴う国際信用不安の発生をふまえ,銀行の海外拠点の監督をその所在する国と母国の当局との共同責任としたうえで,責任の分担を明確にしたもの。 83年6月アンブロシアーノ銀行倒産を契機に改訂され,母国当局の監督責任が強化された。さらにこれがいわゆる BIS自己資本比率規制に発展していった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

バーゼル・コンコーダットの関連キーワード国際決済銀行BIS規制国際決済銀行BIS第2次規制国際決済銀行バーゼル協定バーゼル銀行監督委員会BIS国際決済銀行リスクウエート

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android