コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国際決済銀行 こくさいけっさいぎんこう Bank for International Settlements

翻訳|Bank for International Settlements

8件 の用語解説(国際決済銀行の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

国際決済銀行

BIS」のページをご覧ください。

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こくさい‐けっさいぎんこう〔‐ケツサイギンカウ〕【国際決済銀行】

1930年、スイスのバーゼルに設立された、主要国の共同出資による国際銀行。設立当初は第一次大戦後のドイツの賠償を円滑に処理することを主な目的とした。現在は出資国の中央銀行間の協力を促進し、金融政策国際通貨問題などに関する討議・決定を行っている。日本からは日銀総裁、理事などが参加。BIS(ビス)(Bank for International Settlements)。→BIS規制

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

国際決済銀行【こくさいけっさいぎんこう】

BIS(ビス)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

国際決済銀行

主要国の共同出資で設立された国際銀行。1930年に設立されている。第2次世界大戦後は、主要国中央銀行の国際金融・通貨問題解決のための政策協調機関となっている。国際業務を展開する銀行に対して、一定比率以上の自己資本比率の維持を義務付ける自己資本比率規制(BIS規制)を1992年に導入した。この時の自己資本比率は8%と定められていた。2001年1月にBISのバーゼル銀行監督委員会が発表した新BIS規制は、現行の規制に加えて、格付けをはじめとする企業の信用度に応じて銀行が貸出額などを管理することを徹底するように求めている。日本は新BIS規制について2007年3月の導入を目標にしている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ワイジェイFX用語集の解説

国際決済銀行

国際決済銀行(BIS)は1930年に設立された国際機関の事で、「中央銀行の中央銀行」としての役割と毎月開催されている中央銀行総裁会議での金融問題の意見交換の場所として注目を集めています。

出典|ワイジェイFX株式会社
Copyright © 2003-2014 YJFX, Inc. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。
尚、本件サービスの利用に際し、実際に外国為替証拠金取引(FX)の取引を行う場合は、自己の責任において行うようお願い致します。また、取引について発生した損害について弊社は一切保証致しません。

大辞林 第三版の解説

こくさいけっさいぎんこう【国際決済銀行】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国際決済銀行
こくさいけっさいぎんこう
Bank of International Settlements; BIS

1930年のハーグ協約(ドイツ,イギリスフランスベルギーイタリア,日本,スイス),BIS創設憲章および BIS定款に基づきスイスのバーゼルに設立された国際銀行。元来はドイツ賠償金問題を契機として誕生した中央銀行間の国際協力機関で,株式会社の形態をとるスイスの特殊法人である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国際決済銀行
こくさいけっさいぎんこう
Bank for International Settlements

略称BIS。1930年1月の「国際決済銀行に関する条約」に基づいて、同年5月に主要国の共同出資によってスイスのバーゼルに設立された中央銀行をメンバーとする国際的な銀行。第一次世界大戦後のドイツの賠償問題を処理する目的で発足し、賠償金の徴収、債権国への分配などが主要業務であったが、当初から中央銀行間の協力推進の場を提供するとともに、中央銀行からの預金の受入れ業務等の銀行業務も行っている。
 第二次世界大戦後は、国際通貨基金(IMF)等の設立により清算される予定であったが、ヨーロッパ決済同盟の発足(1950年)に始まるヨーロッパの地域協力機関の受託・代理機関として活動したことなどにより、その役割が再度見直された。各国中央銀行の協力の要(かなめ)として、中央銀行からの預金を受け入れるとともに、国際金融業務への便宜の供与、国際金融決済の受託・代理業務、さらには国際金融問題に関して各国中央銀行が討議する機関としての役割を果たしてきている。
 たとえば、ポンド安定のための対英借款供与、ドル安定のためのスワップ協定の締結など、国際金融面では積極的な役割を演じてきたが、とくに1988年のBIS規制、2004年の新BIS規制の公表は有名である。これは、1984年にアメリカで起こったコンチネンタル・イリノイ銀行の破綻(はたん)を機に、国際金融業務を行う銀行は、信用秩序維持のため8%以上の自己資本比率を維持することを取り決めたものである。
 加盟国は、2005年現在55か国で、日本は設立時から参加したが、戦後一時離脱し、1970年(昭和45)に再加盟した。事実上の最高意思決定機関は理事会であるが、年1回の年次総会のほかに、10か国グループ(G10)総裁会議、グローバル・エコノミー総裁会議、拡大総裁会議(これらを総称して、中央銀行総裁会議という)とよばれる会合を開催している。G10総裁会議に報告をする種々の常設委員会があり、BIS規制はその一つであるバーゼル銀行監督委員会で定められたものである。[土屋六郎・中條誠一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の国際決済銀行の言及

【BIS】より

…国際決済銀行Bank for International Settlementsの略称。〈ビス〉ともいう。…

※「国際決済銀行」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

国際決済銀行の関連キーワードBIS共同出資合資算BCASさんすうすいすいシートン動物記 りすのバナー共同出荷中原延平共同出願東京団地倉庫

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

国際決済銀行の関連情報