バーリン(Isaiah Berlin)(読み)ばーりん(英語表記)Isaiah Berlin

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バーリン(Isaiah Berlin)
ばーりん
Isaiah Berlin
(1909―1997)

イギリスの政治学者。ロシア帝国領当時のラトビアの首都リガに生まれ、幼時にイギリスに移住。オックスフォード大学卒業後、1930年代には同大学研究員として論理実証主義の新風を吹き入れた。1941~1946年、ニューヨーク、ワシントンモスクワで情報活動に従事したのちオックスフォードに帰り、チチェリ講座主任教授、ウォルフソン・カレッジ学長を歴任した。鋭い現実感覚と明晰(めいせき)な言語分析によって価値一元論を批判し、価値多元論に基づく自由主義を主張。多方面の著書論文を発表した。主要論文を集めた著作集4巻(1978~1980。Ⅰ Russian Thinkers, Ⅱ Concepts and Categories, Ⅲ Against the Current, Ⅳ Personal Impressions)があり、単行本に『自由論』Four Essays on Liberty(1990, Oxford Paperback)、『ヴィーコヘルダーVico and Herder(1976)などがある。

[山下重一]

『小川晃一・小池銈・福田歓一・生松敬三訳『自由論』Ⅰ・Ⅱ(1971/2000・新装版・みすず書房)』『小池銈訳『ヴィーコとヘルダー』(1981・みすず書房)』『福田歓一・河合秀和他編訳『バーリン選集』Ⅰ~Ⅳ(1984~1992・岩波書店)』『バーリン著、田中治男訳『バーリン ロマン主義講義』(2010・岩波書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ツール・ド・フランス

フランスを舞台にした国際的規模のロードレース (→自転車競技 ) 。 1903年,フランス人の自転車選手兼ジャーナリストのアンリ・デグランジュが創設。以来,2度の世界大戦時以外は毎年開催されており,フ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android