コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自由論 じゆうろんOn Liberty

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自由論
じゆうろん
On Liberty

ジョン・スチュアートミルの著。 1859年刊。5章から成る。妻ハリエットと共同で想を練り,当時のイギリスの社会を背景に知的エリートの立場から,個性伸展の真の民主的社会のために,自由のあるべき姿を述べている。日本には 71年中村敬宇訳で紹介され,自由民権運動に絶大な影響を与えた。社会的自由,すなわち社会が個人に対して正当に行使しうる力の本質と限界が主題。真の自由の領域は (1) 内面的領域 (良心,思想,感情) ,(2) 嗜好と探究,(3) 団結,(4) おのおのの自由である。人間が過誤をおかす者である以上,思想と言論の自由は人類が真理へ近づき,確信をはぐくむのに絶対不可欠である。個性の自由な発展を阻害する慣習を打破するのは天才の思想と行動における独創性であり,社会は天才の出現を許さねばならない。社会の成員は,相互の利益をそこなわず,そのための社会的義務を負わねばならないが,純粋に個人的な行為に対しては社会は干渉すべきでない。以上の論拠から,さらに具体的事例 (商業,警察,教育など) が考察されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

じゆうろん【自由論】

J = S =ミルの著。1859年刊。市民的自由ないし社会的自由を主題とし、個人に対する社会の権力の限界を考察し、多数決原理による少数意見の抑圧の非を説くなど、自由と平等の調和を論ずる。中村正直が「自由之理」として翻訳。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

自由論
じゆうろん
On Liberty

19世紀イギリスにおける最大の思想家ジョン・スチュアート・ミルと、出版の前年に急死した妻ハリエットとの共著。1859年刊。自由に関する思想を集大成するとともに、19世紀中葉の自由をめぐる問題点について論じた古典的名著。全体で5章からなる。
 第1章「序論」では、古くからある「自由」と「権力」の対立の問題が、いまでは個人と多数者の争いという問題を含むに至ったことを指摘し、個人はその自由を確保するためには「多数者の専制」(官憲による圧制だけでなく社会にある意見や専制も含まれる)に服する必要はないと述べている。そしてこの自由の領域としては、(1)良心・思想・感情の自由、(2)各人の好みにあうようにそれぞれの生活方式を組み立てる自由、(3)団結の自由、をあげている。(3)の団結の自由は、後の労働者の団結権に道を開く新しい考え方としてきわめて重要である。
 第2章では、「思想と討論の自由」が真理の発見のために絶対に必要であり、それを抑圧するのは刑罰によるものであれ世論によるものであれ誤りであると述べている。
 第3章の「福祉の諸要素の一つとしての個性について」では、行動の自由、生活の自由を論じており、それらが習慣や伝統に支配されると個人や社会の進歩が停滞すると述べている。
 第4章「個人に対する社会の権威の限界について」では、個人は社会生活をしている以上、相互の利益を侵してはならないと述べている。
 第5章「応用」では、以上の諸原理を実際問題について応用しており、とくに人間形成の重要な手段である教育や、政府の干渉の限界について述べている。
 日本では「明六社(めいろくしゃ)」同人であった中村正直(まさなお)(敬宇)が1872年(明治5)に『自由之理』という題名で邦訳したのが最初であり、当時の自由民権運動に大きな影響を与えたといわれている。[田中 浩]
『塩尻公明・木村健康訳『自由論』(岩波文庫) ▽早坂忠訳「自由論」(『世界の名著38』所収・1967・中央公論社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

自由論の関連キーワード光の科学史シーボルト難波抱節地向斜マジェンタの戦いの後のイタリア陣営吉田松陰岸沢式佐種の起源コムスン春一番

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

自由論の関連情報