バール・ソーマ(読み)ばーるそーま

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バール・ソーマ
ばーるそーま
Bar Sauma
(?―1294)

トルコ系オングート人でネストリウス派キリスト教の聖職者。元朝の大都(北京(ペキン))で生まれた。1275年ごろエルサレム巡礼を企て、中央アジアを経てイル・ハン国に達した。そこでネストリウス派総大司教の便宜を受け、メソポタミア各地の聖賢物に詣(もう)でた。エルサレムには行けず、1279年には帰国の途についたが、中央アジアの治安が悪化しており、また引き返した。のち1287年、イル・ハン国君主アルグン・ハンArghn-Khan(在位1284~1291)から使節として西ヨーロッパに派遣され、即位前のローマ教皇ニコラウス4世Nicolaus (在位1288~1292)のほか、フランス、イギリス両国の国王にも会い、1288年に戻った。バール・ソーマが教皇に聖職者の元朝派遣を勧めたことが契機となり、まもなくモンテ・コルビノが派遣された。[海老澤哲雄]
『バッヂ著、佐伯好郎訳・補『景教僧の旅行誌』(1932・待漏書院)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のバール・ソーマの言及

【ソーマ】より

…中国,元代のネストリウス派キリスト教徒の司祭。バール・ソーマ(サウマ)ともいう。大都(現,北京)に生まれた。…

※「バール・ソーマ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

技術書典

ITや機械工作などの技術書を専門とする同人誌の即売会。主催は、技術書の同人誌サークル「TechBooster」と技術系電子書籍専門の出版社「達人出版会」。主にコミックマーケットで取り扱われていた技術系...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android