便宜(読み)べんぎ

精選版 日本国語大辞典「便宜」の解説

べん‐ぎ【便宜】

〘名〙
① (形動) つごうのよいこと。便利なこと。また、そのようなときやそのようなさま。びんぎ。
※六如庵詩鈔‐二編(1797)二・所養払菻狗一旦失之踰年復還感紀其事「平生侍童厭老痴、逡巡旋退占便宜
※将来之日本(1886)〈徳富蘇峰〉一一「彼の造物主は我が日本人民を配置するに尤も便宜なる中帯の地を与へたり」 〔史記‐蕭相国世家〕
② たより。音信。びんぎ。
※浮世草子・風流曲三味線(1706)六「娘方より便りあらず、其方の方へは便宜(ベンギ)ありしや」
③ その場その場に適応した処置。また、特別のはからい。
※死霊‐一章(1946‐48)〈埴谷雄高〉「患者の委託についてさまざまな便宜をはかってくれたばかりでなく」

びん‐ぎ【便宜】

〘名〙
① つごうのよいこと。たよりのよいこと。好都合。また、そのおり。ついで。べんぎ。
※続日本紀‐養老六年(722)二月戊戌「更量用銭之便宜。欲百姓之潤利
※落窪(10C後)一「いかに、その部屋はあくやと、いみじくなん。なほびんぎあらば告げられよ」
※浮世草子・けいせい伝受紙子(1710)一「思ひ思ひに便宜(ビンギ)の国へ立退(のく)支度をしたりし中に」
② 状況を伝える手紙や情報。たより。おとずれ。べんぎ。
※言継卿記‐天文元年(1532)正月三〇日「従播州都多村便宜有之、わた一把、漆二合子、中折一束上候了」
※浄瑠璃・曾根崎心中(1703)「きづかひなれど内かたのしゅびを知らねばびんぎもならず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「便宜」の解説

びん‐ぎ【便宜】

[名・形動]
都合のよいこと。また、そのさま。好都合。べんぎ。
「―ノ地デ買ッテクダサレ」〈和英語林集成
よい機会。好機。ついで。べんぎ。
「おのづから―ありて助くべからん事あらん時は」〈今昔・二七・四〇〉
たより。音信。べんぎ。
「勝様からは―もなし」〈浄・淀鯉

べん‐ぎ【便宜】

ある目的や必要なものにとって好都合なこと。便利がよいこと。「資金調達の便宜を得る」
特別なはからい。そのときに適したやり方。「便宜をはかる」「便宜上、代行を置く」
音信。たより。
「娘方より便りあらず、其方の方へは―ありしや」〈浮・曲三味線・六〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android