コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パイタ Paita

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パイタ
Paita

ペルー北西部,ピウラ県西部の都市。県都ピウラの西約 50km,太平洋に面する港湾都市で,同国有数の綿作地帯を背後に控えてその積出港となっている。沿岸では漁業が盛んで,市内には近年日本から水産加工工場が進出。綿作地帯の中心地であるスヤナ,ピウラから道路が通じる。人口2万 100 (1980推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

パイタの関連キーワードエステバン カンビアッソデヤン スタンコヴィッチウェスレイ スナイデルハビエル サネッティユイチヤン(余江)県マルコ マテラッツィワルテル サムエルアフガニスタン美術リーユエ(日月)潭サータバーハナ朝イバン コルドバエークナートメンダーニャフォレンゴバッサーノ室内装飾ルシオ火鍋

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android