コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パイタ Paita

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パイタ
Paita

ペルー北西部,ピウラ県西部の都市。県都ピウラの西約 50km,太平洋に面する港湾都市で,同国有数の綿作地帯を背後に控えてその積出港となっている。沿岸では漁業が盛んで,市内には近年日本から水産加工工場が進出。綿作地帯の中心地であるスヤナ,ピウラから道路が通じる。人口2万 100 (1980推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

パイタの関連キーワードエステバン カンビアッソデヤン スタンコヴィッチウェスレイ スナイデルマルコ マテラッツィユイチヤン(余江)県ハビエル サネッティリーユエ(日月)潭ワルテル サムエルアフガニスタン美術サータバーハナ朝イバン コルドバエークナートメンダーニャフォレンゴバッサーノ室内装飾ルシオ火鍋

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android