コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パイロクスフェロアイト pyroxferroite

1件 の用語解説(パイロクスフェロアイトの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

パイロクスフェロアイト【pyroxferroite】

月の海の岩石に最初に発見された準輝石の一種。化学組成は(Fe0.83Ca0.13Mg0.02Mn0.02)SiO3に近く,三斜晶系Pの対称を示す。色は黄色,比重は3.8(計算値)。地球に普通な準輝石の一種,パイロクスマンジャイトMnSiO3のMnをFeで置換した結晶構造をもつ。月の海の粗粒の岩石の末期晶出鉱物として,シリカ鉱物,オージャイト,斜長石,チタン鉄鉱などとともに産する。人工では数kb(=108Pa)以上の高圧下で合成することができる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のパイロクスフェロアイトの言及

【輝石】より

…サブカルシックオージャイトsubcalcic augiteはごくまれで,すべて準安定相である。また月の玄武岩中において初めて発見されたパイロクスフェロアイトpyroxferroiteは準輝石であるが,その化学組成はほぼ(Ca0.15Fe0.85)SiO3であり,これも準安定相である。単斜エンスタタイトは隕石に含まれることがある。…

【輝石】より

…サブカルシックオージャイトsubcalcic augiteはごくまれで,すべて準安定相である。また月の玄武岩中において初めて発見されたパイロクスフェロアイトpyroxferroiteは準輝石であるが,その化学組成はほぼ(Ca0.15Fe0.85)SiO3であり,これも準安定相である。単斜エンスタタイトは隕石に含まれることがある。…

※「パイロクスフェロアイト」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone