パウア

百科事典マイペディアの解説

パウア

英国の経済史家。専攻領域は中世の農業史。ケンブリッジ大学のガートン・カレッジに学び,奨学金をえてソルボンヌ,ロンドン大学で研究生活を送る。1921年ロンドン大学政治経済学部講師となり,1931年教授に昇進。経済史家ポスタンと結婚。代表作《中世に生きる人びと》(1924年)は無名の庶民を通して中世の生活を生き生きと描写した社会史研究の先駆的業績であった。他に《イギリス中世における羊毛貿易》(1941年),R.H.トーニーと共編したチューダー朝の経済史史料集などがある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android