コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パオラン(包蘭)鉄道 パオランてつどうBaolan xian

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パオラン(包蘭)鉄道
パオランてつどう
Baolan xian

中国,内モンゴル (蒙古) 自治区パオトウ (包頭) 市とカンスー (甘粛) 省のランチョウ (蘭州) 市とを結ぶ鉄道路線。全長 980km。 1958年完成。ホワン (黄) 河の河道にほぼ沿い,テンゲル (騰格里) 砂漠の南縁を通る部分では植林などによって飛砂を防いでいる。パオトウ市ではチンパオ (京包) 鉄道,ランチョウ市ではランシン (蘭新) 鉄道に接続し,華北と西北地方を東西に貫く大幹線を構成している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

パオラン(包蘭)鉄道の関連キーワードニンシヤ(寧夏)ホイ(回)族自治区シーツォイシャン(石嘴山)特別市インチョワン(銀川)特別市ジャルタイ(吉蘭泰)塩湖内モンゴル(蒙古)自治区パオトウ(包頭)特別市チンパオ(京包)鉄道インナン(銀南)地区カンスー(甘粛)省バドギル

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android