コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パガル島 パガルトウ

デジタル大辞泉の解説

パガル‐とう〔‐タウ〕【パガル島】

Isla de Pagalú》アフリカのギニア湾東部にあるアンノボン島の旧称。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パガル島
パガルとう

アンノボン島」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パガル島
ぱがるとう
Pagalu

西アフリカのギニア湾上にある島。サントメ島の南西190キロメートル、南緯1度25分、東経5度37分に位置し、赤道ギニアに属する。旧称アンノボンAnnobn島。面積18平方キロメートル。1473年にポルトガル人が元旦(がんたん)にこの島を発見したので、「謹賀新年」を意味する旧称がつけられた。1778年にスペイン領となった。中心集落は島の北岸のサン・アントニオSan Antonio。島民は16世紀に難破した奴隷船のアフリカ人を祖先とする。[堀 信行]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

パガル島の関連キーワード信行