コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パガル島 パガルとう Pagalu

3件 の用語解説(パガル島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パガル島
パガルとう
Pagalu

旧称アンノボン Annobón島。大西洋ギニア湾に浮ぶ赤道ギニアの火山島。ビオコシュル州に属する。ガボンロペズ岬西南西約 320kmに位置。面積約 17km2。主産業は漁業。人口 2120 (1983) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

パガル‐とう〔‐タウ〕【パガル島】

Isla de Pagalú》アフリカのギニア湾東部にあるアンノボン島の旧称。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パガル島
ぱがるとう
Pagalu

西アフリカのギニア湾上にある島。サントメ島の南西190キロメートル、南緯1度25分、東経5度37分に位置し、赤道ギニアに属する。旧称アンノボンAnnobn島。面積18平方キロメートル。1473年にポルトガル人が元旦(がんたん)にこの島を発見したので、「謹賀新年」を意味する旧称がつけられた。1778年にスペイン領となった。中心集落は島の北岸のサン・アントニオSan Antonio。島民は16世紀に難破した奴隷船のアフリカ人を祖先とする。[堀 信行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パガル島の関連キーワードアンノボン島北大西洋アトランティックAsociación Interamericana de RadiodifusiónCarlos María Isidro de Borbón《Cartas de Relación》《Historia de la vida del Buscón,llamado Don Pablos》《Relación verdadera y breve de la persecución Manila》Politeia tōn Romaiōn《Die Welt ist schön》

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone