コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パキポディウム パキポディウム Pachypodium

2件 の用語解説(パキポディウムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パキポディウム
パキポディウム
Pachypodium

キョウチクトウ科パキポディウム属の総称。 20数種が南アフリカマダガスカルナミビアアンゴラに分布する多肉植物。乾燥地に生育するため,茎の内部に水分をたくわえる海綿状の組織が発達し,硬い表皮で水分の蒸散を防いでいる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パキポディウム
ぱきぽでぃうむ
[学]Pachypodium

キョウチクトウ科の1属。南アフリカに7種、マダガスカルに12種自生する。デンシフロールム種などが知られるが、特異な形態を示す植物で、幹があまり太らないものから、瓶形、壺(つぼ)形、塊根性のものまであり、つぼ植物と称される一群に属する。幹には普通一対、種によって3本の刺(とげ)がある。幹を傷つけると白い汁液を出す。花は大きく、花色は種によって白、黄、赤色など。小形種は周年冷涼な高地に分布する。多くは高温生育型で、20℃以下になると葉が色づき始め、15℃以下で落葉し始める。生育旺盛(おうせい)でじょうぶな植物であるが、傷をつけると腐敗しやすい。[後藤寿明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パキポディウムの関連キーワードキョウチクトウ(夾竹桃)ポディウム夾竹桃ソディウムオルフィウムビンカみふくらぎアデニウムパキポジウムエドクラディウム属

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

パキポディウムの関連情報