コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パケット盗聴 ぱけっととうちょう

2件 の用語解説(パケット盗聴の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

パケット盗聴

ネットワーク上を流れるパケットを盗聴すること。状況によってはネットワークの管理者以外にも盗聴が可能な場合があるため、定期的にパスワードを変更するなどの対抗措置が必要である。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典の解説

パケットとうちょう【パケット盗聴】

パケット通信において、自分宛ではない通信の内容を盗み見ること。特に、他人のユーザーIDやパスワードなどの個人情報を盗みとること。◇「パケットスニッフィング」「スニッフィング」「パケットスニファリング」「スニファリング」ともいう。「sniff」は、鼻で吸う、においをかぐ意。「sniffer」は「麻薬などをかぐ人」の意。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パケット盗聴の関連キーワードリング型ネットワークネットワークシステムインハウスネットワークケーブルネットワーク社会的ネットワークステーションネットワークスポンサードネットワーク電子ネットワークネットワーカーラインネットワーク

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone