コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パシグ Pasig

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パシグ
Pasig

フィリピン,ルソン島中部,首都マニラ東部の地区。マニラ湾バイ湖を結ぶパシグ川にマリキナ川が流入する地点に発達した町で,イスラム時代から水運要衝として水上生活者の船の碇泊地であった。水運が衰退したのちも,マニラ近郊の重要な市場町で,米,果物などを集散。都市化が進行し,1975年首都に編入された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

パシグの関連キーワードマラカニアン宮殿ラジャ・ソリマンパシグ[川]フィリピンパリアン

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android