コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パタリーア pataria

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パタリーア
pataria

11世紀後半イタリアのミラノに生じた宗教的社会的性格の民衆運動。パタリーアはミラノ方言で「ぼろ市場」をさすといわれる。ミラノ大司教が聖職売買を通じて選出されたことを直接のきっかけとして,下層民衆の間に聖職売買や妻帯など聖職者の堕落を批判する宗教運動が生じた。この運動はさらに都市の上層支配者に対する社会運動に発展するとともに,他方では教皇と皇帝の叙任権論争というより広い枠組みの問題と結びついた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android