コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

妻帯 サイタイ

デジタル大辞泉の解説

さい‐たい【妻帯】

[名](スル)妻を持つこと。妻がいること。「若くして妻帯する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さいたい【妻帯】

( 名 ) スル
妻をめとること。妻がいること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の妻帯の言及

【僧】より

… ところで,いつの時代も国家や教団が僧の生活についてきびしく禁じたのは,殺害や盗みや財産横領などの犯罪行為,武力の行使といった俗法にふれることのほか,仏法の禁ずる姦淫の問題があった。すでに平安中期のころ,清僧(せいそう)は少なく,女犯妻帯の僧が多くなった。すなわち,大寺院では組織の分化がすすみ,衆徒大衆(しゆとだいしゆう)と総称される堂衆(どうしゆう)や行人(ぎようにん)などの下級の僧侶集団が形成され,彼らは妻子を養い,武力をもち,ときには荘園の経営や物資の輸送や商行為まで営むようになり,寺院の周辺や山麓の里は彼らの集住する拠点となって繁栄した。…

※「妻帯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

妻帯の関連キーワードアルナルド・ダ・ブレッシャバルベー・ドールビイ女房持ち・女房持北条重時家訓レオ[9世]パターリアパタリーア長助法親王金山穆韶万里集九パーカーパタリア肉食妻帯福田行誡鴻雪爪キアラ高野聖在俗僧火宅僧在家僧

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

妻帯の関連情報