聖職売買(読み)せいしょくばいばい(英語表記)simony

翻訳|simony

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「聖職売買」の解説

聖職売買
せいしょくばいばい
simony

キリスト教において金銭物品媒介にして聖職やその権限を売買すること。英語の simonyは,ペテロから聖霊の能力を買取ろうとしたシモン (魔術師シモン) の故事 (使徒行伝8・18以下) に由来する。今日聖職売買はどの教会でも厳禁されているが,初代教会の3世紀に及ぶ迫害時代が過ぎた頃すでに行われていたらしく,カルケドン公会議 (451) は法令によって禁じている。しかし中世やルネサンス時代でも広く行われ,ときには聖職売買は異端あるいは涜神として破門されたが,この悪習はやむことがなく,宗教改革の一因となった。 16世紀以後,教会財産の政府による没収移譲のためこの風習はすたれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「聖職売買」の解説

聖職売買【せいしょくばいばい】

ラテン語シモニアsimonia,英語simonyなどの訳で,聖を受ける力を金銭で得ようとしたシモン・マグスの故事(《使徒行伝》8:18以下)にちなむ語。シモニアには,聖なる事柄を金銭で左右しようとする態度免罪符贖宥状)の授受なども含まれるが,特に教会や修道院の聖職を経済的取引の対象とすることを指すようになり,教皇グレゴリウス7世の叙任権闘争はその禁止を目するものでもあった。宗教改革期には教皇によるそれが攻撃の対象となる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

旺文社世界史事典 三訂版「聖職売買」の解説

聖職売買
せいしょくばいばい
simony

教会・修道院などの聖職を売買すること
フランク王国の崩壊後,9〜10世紀以後,盛んとなった。教皇グレゴリウス7世はこれを禁止したが,1122年ヴォルムス協約以後もやまなかった。語源は,聖霊を金で買おうとした魔術師シモン(『聖書』の「使徒行伝」第8章)から出ている。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典 第2版「聖職売買」の解説

せいしょくばいばい【聖職売買】

サマリア人シモン・マグスが使徒ペテロとヨハネに対して,金銭を提供することによって聖霊の降下を依頼したという《使徒行伝》(8:18~24)の故事にちなみ,ラテン語ではシモニアSimoniaと言う。シモニアとは本来,霊的な事がらや神聖な事がらを金銭その他の手段によって獲得することを意味し,贖宥(しよくゆう)状(免罪符)取引なども含められていたが,一般的には教会や修道院の聖職を売買する行為をさす。ゲルマン的私有教会制のもとでは,国王は自己支配下の教会・修道院の聖職者を自ら任命し,それに対する対価を求めていた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ツール・ド・フランス

フランスを舞台にした国際的規模のロードレース (→自転車競技 ) 。 1903年,フランス人の自転車選手兼ジャーナリストのアンリ・デグランジュが創設。以来,2度の世界大戦時以外は毎年開催されており,フ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android