コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パターン・ペインティング pattern painting

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パターン・ペインティング
pattern painting

表面を,基本となる図柄のパターンの繰り返しによって覆った絵画。絵画の本質的に装飾的な性質を強調する。既製布地の図柄のようなものを画面に導入するものと,織り込んだ布を彩色した後開いたときできる形による,プリアージュ (折込み) の技法を用いたもの,の2つの傾向がある。後者は S.アンタイによって開発された後シュポール・シュルファスに受け継がれ,同じ型抜きによって同一パターンを反復させる C.ヴィアラに大きな影響を与えている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android