パターン王朝(読み)パターンおうちょう

大辞林 第三版の解説

パターンおうちょう【パターン王朝】

〔パターン(Pathan)は、アフガン系インド人をさすヒンディー語〕
インドのイスラム王朝の総称。アフガン系王朝をさすが、広義にはトルコ系王朝(デリー諸王朝)をも含む。 → デリー王朝

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

パターン‐おうちょう ‥ワウテウ【パターン王朝】

(パターンPathān) 一三世紀初頭から一六世紀前半まで、デリーを中心に交替した五つのインド‐イスラム王朝の総称。パターンとはアフガン系種族の名で、本来はアフガン系イスラム王朝を指す。デリー‐サルタナットともいう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android