コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

悲愴 ヒソウ

デジタル大辞泉の解説

ひそう【悲愴】[曲名]

《原題、〈フランス〉La Pathétiqueベートーベンのピアノソナタ第8番の標題。ハ短調。1798年ごろの作。第14番「月光」、第23番「熱情」とともに三大ピアノソナタとよばれる。
《原題、〈ロシア〉Pateticheskayaチャイコフスキー作曲の交響曲第6番の標題。1893年の作。

ひ‐そう〔‐サウ〕【悲×愴】

[名・形動]悲しく痛ましいこと。また、そのさま。「悲愴な面持ち」「悲愴感」
[派生]ひそうさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

悲愴

ロシアの作曲家ピョートル・チャイコフスキーの交響曲第6番(1893)。原題《Pathétique》。チャイコフスキーの代表作の一つとして知られる。

悲愴

ドイツの作曲家L・v・ベートーヴェンのピアノソナタ第8番(1797?-98)。原題《Pathétique》。第14番『月光』、第23番『熱情』と並び、三大ピアノソナタと呼ばれる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

ひそう【悲愴】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
〔「愴」は心を傷つけいたむ意〕
悲しくいたましい・こと(さま)。 「 -感が漂う」 「 -な顔つき」 〔同音語の「悲壮」は悲しい程勇ましく立派なことであるが、それに対して「悲愴」は悲しくいたましいことをいう〕
[派生] -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

悲愴の関連キーワードベートーヴェン:ピアノ協奏曲 第3番 ハ短調/piano and orchestra(concerto)ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ 第8番 ハ短調「悲愴」/piano soloドライショック(ドライショク):幻想曲 ヘ短調/piano soloベートーヴェン:ピアノ・ソナタ 第5番 ハ短調/piano soloゴッド・オブ・ウォー 落日の悲愴曲&降誕の刻印 HDコレクション滝 廉太郎:憾(うらみ)/piano soloラッセル(Ken Russell)ウラディーミル フェドセーエフマン(Klaus Mann)チャイコフスキー(年譜)ナーティヤ・シャーストラクシシュトフ ザヌーシニコライ ポゴージンピアノ(演奏記号)大河内 伝次郎パセティックオフィーリア東海林太郎悲愴交響曲ロンド形式

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

悲愴の関連情報