悲愴(読み)ひそう

精選版 日本国語大辞典「悲愴」の解説

ひ‐そう ‥サウ【悲愴】

[1] 〘名〙 (形動) 悲しくいたましいこと。また、そのさま。悲傷
佳人之奇遇(1885‐97)〈東海散士〉二「悲の念稍々散じて、豪慨の情眉宇に溢る」 〔白居易‐有感詩〕
[2]
[一] (原題Pathétique) ベートーベン作曲のピアノソナタ第八番(ハ短調)の曲名。一七九九年完成。
[二] (原題Patjetičjeskaja) チャイコフスキー作曲の交響曲第六番(ロ短調)の曲名。一八九三年作。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「悲愴」の解説

ひそう【悲愴】[曲名]

《原題、〈フランス〉La Pathétiqueベートーベンのピアノソナタ第8番の標題。ハ短調。1798年ごろの作。第14番「月光」、第23番「熱情」とともに三大ピアノソナタとよばれる。
《原題、〈ロシアPateticheskayaチャイコフスキー作曲の交響曲第6番の標題。1893年の作。

ひ‐そう〔‐サウ〕【悲×愴】

[名・形動]悲しく痛ましいこと。また、そのさま。「悲愴な面持ち」「悲愴感」
[派生]ひそうさ[名]
[類語]沈痛悲痛悲傷悲しい物悲しいうら悲しいせつないつらい痛ましい哀れ哀切もの憂い苦しい耐えがたいしんどい苦痛であるやりきれないたまらないる瀬ない断腸の思い胸を痛める胸が痛む胸が塞がるびんびん切切せつせつ痛切切実深刻ひしひしつくづくしみじみじいん心からせつ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラス「悲愴」の解説

悲愴

ドイツの作曲家L・v・ベートーヴェンのピアノソナタ第8番(1797?-98)。原題《Pathétique》。第14番『月光』、第23番『熱情』と並び、三大ピアノソナタと呼ばれる。

悲愴

ロシアの作曲家ピョートル・チャイコフスキーの交響曲第6番(1893)。原題《Pathétique》。チャイコフスキーの代表作の一つとして知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

漁夫の利

《シギとハマグリが争っているのを利用して、漁夫が両方ともつかまえたという「戦国策」燕策の故事から》両者が争っているのにつけ込んで、第三者が利益を横取りすることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android