パッサロビツ条約(読み)パッサロビツじょうやく

世界大百科事典 第2版の解説

パッサロビツじょうやく【パッサロビツ条約】

オーストリア・トルコ戦争(1716‐18)におけるオスマン帝国とオーストリアおよびベネチアの間の講和条約。イギリスとオランダが仲裁国となり,1718年にセルビアのパッサロビツPassarowitz(現,ポジャレバツPožarevac)で締結された。ベオグラード攻略に成功したオーストリア・ベネチア側はこの条約によって,オーストリアはオルテニア(ワラキア西部),バナト,ティミショアラ地方,ボスニア北部とセルビアの一部を,ベネチアは占領地域のモレア半島とエーゲ海の島々,アルバニアとダルマツィアの沿岸地域の一部を領有したが,とりわけオーストリアの南方への領土拡大が目だった(ただしセルビア,オルテニア領有は1739年まで)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のパッサロビツ条約の言及

【バナト】より

…15世紀までハンガリー王国領だったが,モハーチの戦(1526)ののちオスマン帝国領となり,ティミショアラ・パシャリク(ハンガリー語ではテメシュバール・パシャリク)がつくられた。1718年パッサロビツ条約によってオーストリア領になると,南部国境を防衛する軍事境界地帯に一時編入されたが,のちこの地方はティミシュ・バナト(ハンガリー語ではテメシ・バーンシャーグ)として独自の行政単位をなすようになった。この地方はオスマン帝国の中欧侵略の時代には攻撃の主要ルートにあたり,また18世紀後半からオーストリアの反攻が開始されるとたびたび戦火に見舞われ,このため住民は離散し農業も衰退した。…

※「パッサロビツ条約」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android