神聖同盟(読み)しんせいどうめい(英語表記)Heilige Allianz ドイツ語

日本大百科全書(ニッポニカ)「神聖同盟」の解説

神聖同盟
しんせいどうめい
Heilige Allianz ドイツ語

1815年9月26日、ロシア皇帝アレクサンドル1世の提唱で結成された同盟。その趣旨は、キリスト教に基づく君主間の友愛と君主の臣民への慈愛によりヨーロッパの平和を維持しようという非現実的なものであったが、まずプロイセン、オーストリアの、ついでローマ教皇とイギリス、トルコを除くヨーロッパの全君主が参加した。メッテルニヒはこれを「無意味な声高いおしゃべり」としながらも四国同盟(のち五国同盟)とともにウィーン体制護持の機関とし、18年アーヘン会議でドイツ自由主義運動弾圧を、トロッパウとライバハの会議(1820、21)でイタリア革命運動へのオーストリアの武力干渉、ベローナ会議(1822)でスペイン革命運動へのフランスの武力干渉を決議させ、各国の自由主義、民族運動を弾圧していった。しかし、モンロー宣言と中南米諸国の独立により打撃を受け、ついでギリシア独立をめぐる諸国の利害の衝突により、1825年全ヨーロッパ的体制としての同盟は崩壊した。

[岡崎勝世]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「神聖同盟」の解説

しんせい‐どうめい【神聖同盟】

1815年、ウィーン会議ののちにロシア皇帝アレクサンドル1世提唱により、ロシア・オーストリアプロイセン3国の君主の間で結ばれた同盟キリスト教正義博愛・平和の原則に基づく相互協力・平和維持をうたい、ウィーン体制の維持を目的とした。のちには、イギリス国王ローマ教皇・トルコ皇帝を除く、ヨーロッパの全君主が加入した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「神聖同盟」の解説

神聖同盟【しんせいどうめい】

ウィーン会議後の1815年ロシア皇帝アレクサンドル1世の提唱でロシア・オーストリア・プロイセン3国君主間で結ばれ,後に英国・オスマン帝国・ローマ教皇を除く全ヨーロッパの君主が加わった同盟。四国同盟はその執行機関の意味を持っていた。キリスト教精神に基づき,諸君主が兄弟のごとく協力して永遠の平和を保つべきことを定めたものだが,実際にはウィーン体制の維持・強化と革命運動弾圧のために利用された。
→関連項目フランツ[2世]フリードリヒ・ウィルヘルム[3世]メッテルニヒ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「神聖同盟」の解説

しんせい‐どうめい【神聖同盟】

一八一五年ウィーン会議直後、ロシア皇帝アレクサンドル一世の提唱で、プロイセン・オーストリア・ロシアの間に結ばれた同盟。キリスト教の正義・友愛・平和の原則に基づき、相互協力・平和維持を図ろうとする君主間の盟約。本来の趣旨はフランス革命をきっかけとしてヨーロッパ全土に起った自由主義運動の弾圧にあった。のちヨーロッパの全君主(イギリス王・ローマ教皇・トルコ皇帝を除く)が加入。実際的な政治効果はなかったが、反動的なウィーン体制を維持する道具とされた。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「神聖同盟」の解説

神聖同盟
しんせいどうめい
Holy Alliance

ウィーン会議の結果,ヨーロッパに形成された復古体制のもとで,1815年9月 26日にロシア皇帝,オーストリア皇帝,プロシア王の間に結ばれた同盟。ロシア皇帝アレクサンドル1世提議により,キリスト教の正義と愛と平和の理念に基づく協力をうたったもので,やがてイギリス王,ローマ教皇,トルコ皇帝以外の君主がみなこれに加わった。 1848年の諸革命で復古体制が崩壊するまで,この同盟は自由主義・国民主義運動に対する抑圧を理念的に支える力となった。

神聖同盟
しんせいどうめい
Sacred Union

1990年4月ザイール (現コンゴ民主共和国) のモブツ大統領が複数政党制への移行声明をしたのち,反政府勢力が結成した同盟。 91年8月同盟の要求で国民会議が開催されたが混乱となり中断された。9月には首都暴動が勃発し,事態の収拾のためモブツは社会進歩民主連合党 (UDPS) のチセケディ党首を首相任命した。その後首相と大統領は対立し,モブツは首相の解任,任命を繰返し,国民議会に対しても同様に再開,閉鎖を繰返した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

旺文社世界史事典 三訂版「神聖同盟」の解説

神聖同盟
しんせいどうめい
Holy Alliance

ウィーン会議後の1815年9月26日,ロシア皇帝アレクサンドル1世の主唱によって,ロシア・プロイセン・オーストリアをはじめ,全ヨーロッパの君主間に結ばれた同盟
イギリス・オスマン帝国・ローマ教皇は不参加。キリスト教の友愛・正義・平和の精神にのっとり,ナポレオン戦争後の平和維持をはかろうとする崇高な理想を掲げたが,メッテルニヒは四国同盟とともに,ウィーン体制の維持や,自由主義・国民主義運動抑圧の道具に利用した。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典 第2版「神聖同盟」の解説

しんせいどうめい【神聖同盟 Heilige Allianz[ドイツ]】

ウィーン会議後の1815年9月26日,ロシア皇帝アレクサンドル1世,オーストリア皇帝フランツ1世,プロイセン国王フリードリヒ・ウィルヘルム3世がパリにおいて結んだ盟約。それはキリスト教を王制的政治秩序の基礎におき,統一的国民国家を志向するブルジョア的変革に権力的に対応するために,全ヨーロッパの王制に加盟を呼びかけたものであった。しかしそれを主導したアレクサンドル1世はセンチメンタルな宗教的夢想家で,フランツ1世もまた同時代人によって愚鈍の人とされており,彼らの盟約自体は拘束力も実効力もなく,条約としての体をなしてはいなかった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android