パテンティング処理(読み)パテンティングしょり(英語表記)patenting treatment

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パテンティング処理
パテンティングしょり
patenting treatment

硬鋼線,特にピアノ線材に施される特殊な熱処理工程。線材を冷間引抜き後,900~950℃に数分間加熱し,さらに 500℃前後の鉛浴 (→熱浴 ) に急冷したのち冷却する。空冷の場合もある。ピアノ線の特性であるばね性の向上のために必要な処理で,処理後の組織はソルバイトで,以後さらに強く伸線加工して強化する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android