パデータヤーザー(英語表記)Padethayaza

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パデータヤーザー
Padethayaza

[生]1683頃.マンダレーインワ
[没]1754. ラングーン,シリアム
ビルマ (現ミャンマー) ,ニャウンヤン時代の文人。本名未詳。多くのピョ,エージン (ともに韻文の一形式) ,古典歌謡のほか,ピャザッ (戯曲) 『紅玉の眼の飛馬』 Maniketを書いた。ヒンドゥー説話をもとにして書かれたピョ『天女トゥーザー』 Thuza (1741) は,みやびやかな言葉づかいにより,とりわけ有名である。晩年は,モン族のハンタワディ国に拉致された王に従い,のちシリアムで客死した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

プレッパー

非常事態に備え、食糧や自衛のための武器・弾薬などを過度に備蓄している人のこと。「備える(prepare)」から生まれた言葉で、2012年現在では米国に最も多く存在し全米で300~400万人にのぼるとみ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android