コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パフラゴニア Paphlagonia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パフラゴニア
Paphlagonia

小アジア,黒海沿岸の古代地方名。西はビチュニア,東はポントス,南はガラテアに囲まれていた。小アジアのなかでも最も古い国で,ホメロスの『イリアス』のなかにも王ピラエメネスの名がみえ,のち多くの王がその名を称した。前 333年にアレクサンドロス3世 (大王) の手に落ち,その後ポントス,ローマのポンペイウス (大ポンペイウス) によって支配され,ローマ帝国後期には小地方に分割された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

パフラゴニアの関連キーワードシメオン[ストゥディオス]テミスティオスフィレタイロスコムネノス朝テオフィルスミカエル6世グレゴラスカリベス人

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android