コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パブリカUP10

1件 の用語解説(パブリカUP10の意味・用語解説を検索)

日本の自動車技術240選の解説

パブリカUP10

小型車クラスでは加速性・乗心地・耐久性などハイレベルの基本性能とスペースを確保し、軽量かつ安価で取扱の容易なFR小型大衆乗用車。計画の着手から生産開始までに6年の長期を要した。発売後、3年余で、20万台を突破する快記録を打ち立て、日本のモータリゼーション幕開けの役を果たす。発売キャンペーンとして車名の公募を行い、108万通の応募があり、パブリカと命名する。価格は、東京渡しで38万9千円。(性能)空冷水平対向2気筒700ccエンジンに4段変速のトランスミッションを採用、軽合金ダイカスト部品やプラスチック部品の多用などにより軽量化を達成し、このクラスとしては高いレベル最高速度、加速性を確保。また、フロントエンジン、リアドライブの採用で、前後輪の重量配分をよくし登坂力を向上。(乗り心地)日本で初めて、6.00-12タイヤを採用。フロントサスペンションにはスタビライザー付きトーションバー式、リアサスペンションには半楕円板バネ式を用いる。両サスペンションは、前後共にショックアブソーバを備える。保管場所トヨタ博物館 (〒480-1131 愛知県愛知郡長久手町大字長湫字横道41番100号)
製作(製造)年1961
製作者(社)トヨタ自動車工業株式会社
資料の種類量産品
現状展示(静態)・公開
車名パプリカ
モデル名UP-10
会社名トヨタ自動車工業株式会社
製作開始年1961
車種・用途乗用車
実車所在/模型トヨタ博物館
スタイルセダン
ドア数2ドア
乗員4名
車両重量580kg
車両総重量800kg
構造ボデー一体構造
バンパースチール
ステップなし
全長3520mm
全幅1415mm
全高1380mm
タイヤサイズ゙6.00-12 2P
フレームなし
前軸ウイッシュボーン、ボールジョイントトーションバー
後軸半浮動式パンジョー
軸距2130mm
前トレッドx後トレッド1203mm×1160mm
ステアリングウォーム&セクターローラー
ダンパー油圧複動筒型(前後)
スタビライザートーションバー式(前)
特徴後:非対称半楕円板ばね
冷却/気筒配列空冷/水平対向2気筒(U型)
弁機構OHV(サイドバルブ)
気化器下向一連 ダイヤフラム式ポンプ
内径x行程78mm×73mm
排気量697mL
点火系遠心ガバナ、真空進角
最高出力/回転数28PS/4300rpm
最大トルク/回転数5.4kgm/2800rpm
過給機なし
燃料タンク容量25L
特徴圧縮比 7.2
ハイブリッドシステム形式なし
変速機前進4段、後進1段
駆動方式FR
モード燃費-
その他事項最低地上高:170mm;前照灯:50/40W 2個;ワイパー:電動式左右運動;足ブレーキ:油圧4輪制動 前輪2L,後輪L;手ブレーキ:機械式2輪制動;最終減速;3,890(ハイボイオギヤ);2・3・4速シンクロメッシュ;最高速度:110km/h(推定);燃費率:24km/L(舗装平坦路最大荷

出典|社団法人自動車技術会
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パブリカUP10の関連キーワードサブクラスクラスメートNSクラス乗心地ヤマザクラCクラス平忠彦ホーロー車両クラスHonors Course